トップページ > 事業案内


事業案内


ブロン電機株式会社

〒602-8392 京都市
上京区御前通今出川上ル北町644
TEL:075-463-0191
FAX:075-463-0196

(活動エリア)

京都・大阪・兵庫など。
近畿を中心に日本全国対応


登録番号 KES2-0242(2018年6月登録)

登録番号 Q1493(2018年2月改定)

ブロン電機株式会社は、「KES・環境マネジメントシステム・スタンダードステップ2」および、
「ISO 9001」を取得しています。
但しカーボテック事業部はISO対象外です

環境宣言はこちら

  事業案内

 システム機器部門

システム機器部門では組立品の内部に工具などを放置しないことを守るために、徹底した工具管理を行いました。

工具類を標準工具と個人工具に分別し、標準工具は写真の通り整理整頓を行い、誰が持ち出したかが明確になるようにしています。一方個人持ち工具は各自のワゴンの中に、何があり、何が不足しているかが一目で分かるように整理整頓を行っています。


 営業購買、総務財務部門

 営業アシスタントの藤原沙紀でございます。まだまだ未熟なため、対応が出来きれていないこともありますが、スタッフ全員でフォローして行きますのでよろしくお願い致します。

営業購買部門ではお客様の納期を守ることが一番と考え、工程を調整しながら納期管理を行っております。

短納期対応は我々の強みと認識して、お客様の要望にお応えして行く所存でございますので、何なりとお申し付けください。


 トランス部門

改善活動(改活)の基本テーマは改善提案です。月々の各自の提案を検討し、効果が見込めるものは即採用し、工程の改善に生かしています。

今夏の節電要請に対しては、製造機器や設備の消費電力を把握し、日々の電力消費量を計測しながら節電に努めてまいりました。

 


カーボテック事業部門

1997年に環境を考慮した部門として滋賀県東近江市にて事業を始めました。
当時はまだまだ環境については問題視されていない時期でしたが、新規に始める事業として世の中から関心をいただくには、環境やエコロジーしか無いとの考えの元に「炭化」に着目し、「電機屋が作る炭」の製造を開始致しました。

なぜ炭化が環境であり、エコロジーであるのかは次の通りです。

山にはスギやヒノキの間伐材が、使い道の無いままに放置されています。
他方、住居の新築や増改築などでは建築廃材が発生しますが、これらは焼却場へ運ばれて、思いっ切りCO2を排出して終結します。私共は間伐材や建築廃材を未利用資源と位置付けて、これらを廃棄するのではなく、炭にすることにより多様な用途に再利用できることに注目致しました。

そして、炭が持つ多孔質を利用して、調湿材、消臭剤、有害ガス吸着材、土壌改良材、植物育成材などの商品の開発と販売を行っております。なお、炭化前に木質の素材にセラミックの粉末を一定の割合で添加し、それを炭化することにより、炭化物の特性が向上します。
その意味で、この炭化物を「セラミック活性炭」と称しております。

現在滋賀県東近江市の工場では、養蚕用の桑の木の成長実験を行っております。



Copyright © 2012 ブロン電機株式会社 All Rights Reserved.